メニューを開く 検索 ログイン

ALS患者の自発的意思伝達を補助

視線入力装置の補助・代替システム

2016年12月08日 07:10

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 閉じ込め状態の筋萎縮性側索硬化症(ALS)女性患者を対象に、完全埋め込み型ブレイン・コンピュータ・インターフェース(BCI)を在宅で導入する臨床試験を、オランダ・University Medical Center UtrechtのMartin G. Bleichner氏らが実施した。皮質領域への電極埋め込み後28週間の訓練を経て、BCIシステムは視線入力装置を補助・代替する自発的コミュニケーションを可能にしたと、N Engl J Med2016年11月12日オンライン版)で発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  脳・神経 »  ALS患者の自発的意思伝達を補助

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで