メニューを開く 検索を開く
花粉症対策2017をチェック
 解説へ戻る

ペインクリニックの慢性疼痛治療

鎮痛薬、神経ブロック治療、脊髄刺激療法を使い分け

解説 | 2016.12.08 07:05

 痛みに対する対策が世界的に重要視されるようになってきた。痛みは第5のバイタルサインといわれ、血圧や体温などと同等に位置付けられ、患者のQOLに大きく関係している。NTT東日本関東病院(東京都)ペインクリニック科の安部洋一郎氏に、ペインクリニックにおける慢性疼痛治療の現状と、新しくなった植え込み型脊髄刺激装置について解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連する診療科

関連する疾患・領域・ジャンル

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    CAD患者対象のDOAC 試験、早期中止に

  2. 2

    「SGLT2阻害薬で下肢切断リスク増」警告

  3. 3

    糖尿病の外科治療で5年後も効果が持続

  4. 4

    SGLT2阻害薬の皮膚障害に新仮説

  5. 5

    成人喘息患者の3分の1が再評価で喘息否定

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  解説 >  ペインクリニックの慢性疼痛治療