メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  ペインクリニックの慢性疼痛治療

ペインクリニックの慢性疼痛治療

鎮痛薬、神経ブロック治療、脊髄刺激療法を使い分け

 2016年12月08日 07:05
プッシュ通知を受取る

 痛みに対する対策が世界的に重要視されるようになってきた。痛みは第5のバイタルサインといわれ、血圧や体温などと同等に位置付けられ、患者のQOLに大きく関係している。NTT東日本関東病院(東京都)ペインクリニック科の安部洋一郎氏に、ペインクリニックにおける慢性疼痛治療の現状と、新しくなった植え込み型脊髄刺激装置について解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  ペインクリニックの慢性疼痛治療

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06505862 有効期限:6月末まで