メニューを開く 検索を開く
花粉症対策2017をチェック
 学会レポートへ戻る

統合失調症のメタボには栄養指導!

体重およびBMIも有意に減少

学会レポート | 2016.12.09 07:10

 統合失調症の患者は、平均余命の低下にも影響する心血管疾患の発症原因に数えられるメタボリックシンドローム(MetS)の罹患率が高いことが知られている。国立精神・神経医療研究センタートランスレーショナル・メディカルセンター情報管理・解析部臨床計画・解析室長の菅原典夫氏は、第26回日本臨床精神神経薬理学会(11月17~18日)で、統合失調症患者のMetS予防に関する調査について報告し、体重・栄養指導による介入によって、対象となった統合失調症患者のMetS罹患率の低下が認められたと述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    【解説】RA治療で初、経口薬でBio上回る効果

  2. 2

    糖尿病の外科治療で5年後も効果が持続

  3. 3

    成人喘息患者の3分の1が再評価で喘息否定

  4. 4

    SGLT2阻害薬の皮膚障害に新仮説

  5. 5

    がん患者の脱毛、頭皮冷却装置で半数が頭髪維持

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  学会レポート >  統合失調症のメタボには栄養指導!