メニューを閉じる 検索を閉じる メニューを開く 検索を開く
 学会レポートへ戻る
follow us in feedly
follow us in feedly

統合失調症のメタボには栄養指導!

体重およびBMIも有意に減少

学会レポート | 2016.12.09 07:10

 統合失調症の患者は、平均余命の低下にも影響する心血管疾患の発症原因に数えられるメタボリックシンドローム(MetS)の罹患率が高いことが知られている。国立精神・神経医療研究センタートランスレーショナル・メディカルセンター情報管理・解析部臨床計画・解析室長の菅原典夫氏は、第26回日本臨床精神神経薬理学会(11月17~18日)で、統合失調症患者のMetS予防に関する調査について報告し、体重・栄養指導による介入によって、対象となった統合失調症患者のMetS罹患率の低下が認められたと述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

  1. 1

    快刀乱麻⑫ 総会議決権の制限

  2. 2

    造影剤腎症にデータで対抗する

  3. 3

    ハーボニー偽造品の流通で注意喚起

  4. 4

    糖質制限は難治てんかんに有効

  5. 5

    PPIが精子の質に悪影響

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  学会レポート >  統合失調症のメタボには栄養指導!