メニューを開く 検索を開く ログイン
花粉症対策2017をチェック 詳しく
 学会レポートへ戻る

統合失調症のメタボには栄養指導!

体重およびBMIも有意に減少

学会レポート | 2016.12.09 07:10

 統合失調症の患者は、平均余命の低下にも影響する心血管疾患の発症原因に数えられるメタボリックシンドローム(MetS)の罹患率が高いことが知られている。国立精神・神経医療研究センタートランスレーショナル・メディカルセンター情報管理・解析部臨床計画・解析室長の菅原典夫氏は、第26回日本臨床精神神経薬理学会(11月17~18日)で、統合失調症患者のMetS予防に関する調査について報告し、体重・栄養指導による介入によって、対象となった統合失調症患者のMetS罹患率の低下が認められたと述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

セミナーのご案内
  1. 1

    心不全の新クラス薬、糖尿病例の血糖も改善

  2. 2

    同じ疾患でも医師によって医療費にばらつき

  3. 3

    PCSK9阻害薬で初、心血管イベント抑制

  4. 4

    内視鏡による小腸寄生虫の発見が増加

  5. 5

    医師国試、合格率は88.7%自治医科大は100%〔CBnews〕

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  学会レポート >  統合失調症のメタボには栄養指導!