メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  遺伝子変異がアトピー治療薬に影響

遺伝子変異がアトピー治療薬に影響

2~17歳の患児800例を検討

2016年12月12日 07:10

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 米・University of PennsylvaniaのJoshua Chang氏らは「フィラグリン遺伝子(FLG)の機能喪失型(LOF)変異およびインターロイキン(IL)-7様サイトカインとして知られるthymic stromal lymphopoietin(TSLP)の特定の一塩基多型(SNP)が、アトピー性皮膚炎(AD)患児における治療薬の使用状況の違いにつながっているようだ」とJAMA Dermatology2016年11月30日オンライン版)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  遺伝子変異がアトピー治療薬に影響