メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  成年後見用診断書の全国統一試案を作成

成年後見用診断書の全国統一試案を作成

 2016年12月13日 07:15
プッシュ通知を受取る

 近年、成年後見などの申し立ての際に家庭裁判所が精神鑑定を行わず、診断書のみで判定する割合が増加していることから、成年後見用診断書の重要性が高まっている。京都府立医科大学大学院精神機能病態学教授の成本迅氏は、現状では全国の家庭裁判所ごとに異なる様式の診断書が用いられていることから、「専門医以外でも作成しやすい全国統一様式の成年後見用診断書が必要」とし、その試案を第35回日本認知症学会(12月1〜3日)で紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生自身はサプリメントや栄養補助食品などを使用しますか?常用しているものがあったら、教えてください。

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  成年後見用診断書の全国統一試案を作成

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07505913 有効期限:7月末まで