メニューを開く 検索 ログイン

世界のがん罹患率が上昇、死亡率は低下

195カ国・地域のがんの動向を発表

2016年12月13日 07:20

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 世界的にがんの罹患率は上昇しているが、死亡率は低下の傾向が見られる。世界の195の国と地域を対象に32種のがんについてGlobal Burden of Disease(GBD)Cancer Collaborationは、1990~2015年の罹病率、死亡率、損失生存年数(YLL)、障害生存年数(YLD)、障害調整生存年数〔DALY(YLL+YLD)〕を集計し、そのデータをGlobal Burden of Cancer 2015としてJAMA Oncology2016年12月3日オンライン版)で報告した。同報告はGBD研究2015の一部を構成するものである。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  世界のがん罹患率が上昇、死亡率は低下

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD505916 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外