メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  安全性情報 »  「ピオグリタゾンと膀胱がん」FDAの結論は

「ピオグリタゾンと膀胱がん」FDAの結論は

同リスクで5年ぶりの安全性情報を発出

 2016年12月13日 17:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 米食品医薬品局(FDA)は12月12日、糖尿病治療薬のピオグリタゾンおよび同薬を含有する製剤の使用は膀胱がんリスクの上昇に関連する可能性がある」との安全性情報を発出した。今回の発表は、ピオグリタゾンと膀胱がんリスクとの関連について検討した最近の研究データのシステマチックレビューに基づいたもの。FDAは、2011年にピオグリタゾンの使用期間および使用量に依存して膀胱がんリスクの上昇が認められたとする前向きコホート研究の中間解析結果に基づき安全性情報を発出。同年、同リスクに関する警告が製品表示に追記された。その後、同研究の最終解析結果を含む新たな研究結果が複数報告されたことを受け、今回あらためて評価が実施されたという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

樹木希林や山本KIDなど著名人が相次いでがこの世を去った。先生はどんな最期を迎えたい?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  安全性情報 »  「ピオグリタゾンと膀胱がん」FDAの結論は

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09505958 有効期限:9月末まで