メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  循環器 »  rt-PA療法後の低体温療法は安全か

rt-PA療法後の低体温療法は安全か

肺炎発症が問題―ICTuS-2試験

 2016年12月14日 07:15
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 急性期治療後の脳卒中患者に対する低体温療法は、肺炎の問題を除けば安全かつ実施可能な治療法である。遺伝子組み換え組織プラスミノーゲンアクチベータ(rt-PA)療法後の急性期虚血性脳卒中患者に対する同療法の安全性を検討したIntravascular Cooling in the Treatment of Stroke-2(ICTuS-2)試験の結果を、米・Cedars-Sinai Medical CenterのPatrick Lyden氏らがStroke2016; 47: 2888-2895)で報告した(新潟大学脳研究所神経内科准教授の下畑享良氏による解説はこちら)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

今の勤務先に満足していますか?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  循環器 »  rt-PA療法後の低体温療法は安全か

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09505850 有効期限:9月末まで