メニューを閉じる 検索を閉じる メニューを開く 検索を開く
 解説へ戻る
follow us in feedly
follow us in feedly

現時点では低体温療法は併用すべきではない

rt-PA療法後の急性虚血性脳卒中患者に対する低体温療法 新潟大学脳研究所神経内科准教授 下畑 享良

解説 | 2016.12.14 07:10

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

〔編集部から〕遺伝子組み換え組織プラスミノーゲンアクチベータ(rt-PA)療法後の急性虚血性脳卒中患者に対する低体温療法の安全性を検討したIntravascular Cooling in the Treatment of Stroke-2(ICTuS-2)試験の結果関連記事の意義について、新潟大学脳研究所神経内科准教授の下畑享良氏に解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  1. 1

    PPIが精子の質に悪影響

  2. 2

    快刀乱麻⑫ 総会議決権の制限

  3. 3

    造影剤腎症にデータで対抗する

  4. 4

    糖質制限は難治てんかんに有効

  5. 5

    "あべこべ" になった食事療法の今後

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  解説 >  現時点では低体温療法は併用すべきではない