メニューを開く 検索を開く
花粉症対策2017をチェック
 解説へ戻る

現時点では低体温療法は併用すべきではない

rt-PA療法後の急性虚血性脳卒中患者に対する低体温療法 新潟大学脳研究所神経内科准教授 下畑 享良

解説 | 2016.12.14 07:10

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

〔編集部から〕遺伝子組み換え組織プラスミノーゲンアクチベータ(rt-PA)療法後の急性虚血性脳卒中患者に対する低体温療法の安全性を検討したIntravascular Cooling in the Treatment of Stroke-2(ICTuS-2)試験の結果関連記事の意義について、新潟大学脳研究所神経内科准教授の下畑享良氏に解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    CAD患者対象のDOAC 試験、早期中止に

  2. 2

    「SGLT2阻害薬で下肢切断リスク増」警告

  3. 3

    糖尿病の外科治療で5年後も効果が持続

  4. 4

    SGLT2阻害薬の皮膚障害に新仮説

  5. 5

    成人喘息患者の3分の1が再評価で喘息否定

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  解説 >  現時点では低体温療法は併用すべきではない