メニューを開く 検索 ログイン

広がる糞便微生物移植法の可能性

2016年12月14日 07:25

 健康人の糞便を投与する「糞便微生物移植法(Fecal Microbiota Transplantation;FMT、「読み解くためのキーワード」参照)」が注目を集めている。慶應義塾大学消化器内科教授の金井隆典氏は、自験例の成績を交えながらFMTの現状について概説。現時点で有効性が示されているのは再発性Clostridium difficile腸炎(CDI)のみだが、難治性の潰瘍性大腸炎や機能性消化管障害など、従来の治療では治癒が難しかったさまざまな疾患に対してもFMTが試みられており、その適応の広がりは大きな可能性を秘めていることを第71回日本大腸肛門病学会(11月18~19日)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  広がる糞便微生物移植法の可能性

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD505940 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外