メニューを閉じる 検索を閉じる メニューを開く 検索を開く
 腎・泌尿器へ戻る
follow us in feedly
follow us in feedly

経皮的腎砕石術後に高血圧が増加

【海外短報】

腎・泌尿器 | 2016.12.15 07:00

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 腎結石に対し経皮的腎砕石術(PNL)を受けた患者はその後に高血圧を発症しやすいと、台湾のグループがUrology2016 ; 97: 61-65に発表した。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

 同グループは、1996〜2010年の台湾のNational Health Insuranceデータベースを用いて、PNLまたは尿管鏡下砕石術(URSL)の施行とその後の高血圧発症との関係を検討した。解析にはPNL群232例、URSL群1,160例、これらの砕石術を受けていない対照群1,160例の計2,552例が含まれた。

 その結果、PNL群は対照群と比べ新たに高血圧を発症するリスクが有意に高く、補正後のハザード比(aHR)は1.48(95%CI 1.13〜1.95、P=0.005)であった。PNL群はURSL群との比較でも、高血圧発症リスクが有意に高かった(aHR 1.39、95%CI 1.06〜1.83、P=0.018)。

 追跡期間中の1,000人・年当たりの新規高血圧発症率はPNL群が44.5例、URSL群が33.0例、対照群が30.2例であった。

(編集部)

関連する診療科

関連する疾患・領域・ジャンル

関連記事

  1. 1

    快刀乱麻⑫ 総会議決権の制限

  2. 2

    造影剤腎症にデータで対抗する

  3. 3

    ハーボニー偽造品の流通で注意喚起

  4. 4

    糖質制限は難治てんかんに有効

  5. 5

    PPIが精子の質に悪影響

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  腎・泌尿器 >  経皮的腎砕石術後に高血圧が増加