メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

 学会レポートへ戻る

甲状腺ホルモン不応症の診断基準改訂へ

昨年1月、指定難病に

学会レポート | 2016.12.15 07:15

 明らかな症状を呈することは少ないが、重症例では注意欠陥多動性障害や著しい頻脈、知能発達遅延、低身長、難聴などが見られる甲状腺ホルモン不応症(RTH)は、昨年(2015年)1月、厚生労働省により指定難病に認定された。そこで日本甲状腺学会は、RTHの適切な診療を推進するため、2014年10月に公表した同疾患の診断基準(第一次案)の改訂に着手した。診断基準の作成を担う委員会の責任者で群馬大学大学院病態制御内科学教授の山田正信氏は、第59回日本甲状腺学会(11月3~5日)で、改訂案の進捗状況やポイントを説明し、近日中に公表予定であることに言及した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事・ピックアップコンテンツ

  1. 1

    SGLT2阻害薬、実臨床で心不全・死亡減少

  2. 2

    「自転車とEDリスク」関連はあるのか

  3. 3

    食の欧米化で日本人は健康になる

  4. 4

    糖尿病足病変、日本は海外の1割

  5. 5

    糖尿病患者の便秘、腸内環境との関連は?

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  学会レポート >  甲状腺ホルモン不応症の診断基準改訂へ

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

医師の見解・コメントが読める※医師会員のみ

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P05505914有効期限:5月末まで