メニューを閉じる 検索を閉じる メニューを開く 検索を開く
 学会レポートへ戻る
follow us in feedly
follow us in feedly

甲状腺ホルモン不応症の診断基準改訂へ

昨年1月、指定難病に

学会レポート | 2016.12.15 07:15

 明らかな症状を呈することは少ないが、重症例では注意欠陥多動性障害や著しい頻脈、知能発達遅延、低身長、難聴などが見られる甲状腺ホルモン不応症(RTH)は、昨年(2015年)1月、厚生労働省により指定難病に認定された。そこで日本甲状腺学会は、RTHの適切な診療を推進するため、2014年10月に公表した同疾患の診断基準(第一次案)の改訂に着手した。診断基準の作成を担う委員会の責任者で群馬大学大学院病態制御内科学教授の山田正信氏は、第59回日本甲状腺学会(11月3~5日)で、改訂案の進捗状況やポイントを説明し、近日中に公表予定であることに言及した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  1. 1

    PPIが精子の質に悪影響

  2. 2

    快刀乱麻⑫ 総会議決権の制限

  3. 3

    造影剤腎症にデータで対抗する

  4. 4

    糖質制限は難治てんかんに有効

  5. 5

    "あべこべ" になった食事療法の今後

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  学会レポート >  甲状腺ホルモン不応症の診断基準改訂へ