メニューを開く 検索 ログイン

甲状腺ホルモン不応症の診断基準改訂へ

昨年1月、指定難病に

2016年12月15日 07:15

 明らかな症状を呈することは少ないが、重症例では注意欠陥多動性障害や著しい頻脈、知能発達遅延、低身長、難聴などが見られる甲状腺ホルモン不応症(RTH)は、昨年(2015年)1月、厚生労働省により指定難病に認定された。そこで日本甲状腺学会は、RTHの適切な診療を推進するため、2014年10月に公表した同疾患の診断基準(第一次案)の改訂に着手した。診断基準の作成を担う委員会の責任者で群馬大学大学院病態制御内科学教授の山田正信氏は、第59回日本甲状腺学会(11月3~5日)で、改訂案の進捗状況やポイントを説明し、近日中に公表予定であることに言及した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  甲状腺ホルモン不応症の診断基準改訂へ

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで