メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  HIV感染診断向上に医師の教育が必要

HIV感染診断向上に医師の教育が必要

 2016年12月15日 07:30

 日本では毎年1,500人前後の新規HIV感染者/エイズ患者が報告されており、これをいかに減らすかが喫緊の課題となっている。琉球大学大学院感染症・呼吸器・消化器内科学講座准教授の健山正男氏は第29回日本性感染症学会(12月3〜4日)で講演を行い、急性HIV感染症の早期発見こそが感染拡大抑制に重要だと指摘した。ところが、急性HIV感染症の症状で受診したのにHIV検査を勧められない人がいる現状が同氏らの調査で明らかとなり、医師に対する教育、啓発が必要と考えられたという。(読み解くためのキーワード:急性HIV感染症

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  HIV感染診断向上に医師の教育が必要

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10505931 有効期限:10月末まで