メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

 女性疾患・周産期へ戻る

クランベリーの細菌尿・膿尿への効果なし

【海外短報】

女性疾患・周産期 | 2016.12.16 07:00

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 介護施設の高齢女性を対象としたランダム化比較試験でクランベリーに細菌尿・膿尿の予防・治療効果は認められなかったと、米・Yale UniversityのグループがJAMAの(2016; 316: 1879-1887)に発表した。

続きを読む(読了時間:約 0.5 分) 

 細菌尿・膿尿は介護施設の高齢女性に多い。同グループは、21カ所の介護施設に入所している65歳以上の女性計185例を登録。1日にクランベリーカプセル2個(プロアントシアニジン72mg含有、クランベリージュース600mL相当)服用群に92例、プラセボ2個服用群に93例を割り付けた。服用期間は1年間で、2カ月ごとに細菌尿・膿尿の有無を評価した。

 登録時に185例中58例(31.4%)に細菌尿・膿尿が認められた。147例が試験を完了し、全体の服用アドヒアランス率は80.1%であった。未補正解析における細菌尿・膿尿の陽性率は治療群25.5%、プラセボ群29.5%で、一般化推定方程式モデルによる補正後の解析では両群間に有意差はなかった(29.1%対29.0%、P=0.98)。

 また、両群の症候性尿路感染症の発症率、死亡率、入院率、抗菌薬の使用日数などにも有意差は認められなかった。

(編集部)

関連する診療科

関連する疾患・領域・ジャンル

  1. 1

    "Extreme risk"群を新設、LDL-C目標値を提示

  2. 2

    米で警告、カナグリフロジンの下肢切断リスク

  3. 3

    抗菌薬を過剰処方する医師の特徴は?

  4. 4

    維持できない体重減量はしない方がましか

  5. 5

    注目ワード「ケトン体」、これだけは知っておきたい

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  女性疾患・周産期 >  クランベリーの細菌尿・膿尿への効果なし

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

医師の見解・コメントが読める※医師会員のみ

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P05505880有効期限:5月末まで