メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  仮想上肢の訓練で幻肢痛が緩和

仮想上肢の訓練で幻肢痛が緩和

 2016年12月16日 07:15
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 切断して失った手足に痛みを感じる幻肢痛は、有効な治療法のない難治性疼痛として知られるが、拡張現実(オーグメンテッドリアリティ)と仮想現実(バーチャルリアリティ)の技術を用いた機械学習により仮想の上肢を動かすことで、幻肢痛を緩和できることが明らかになった。コンピュータ画面上に映し出された仮想の上肢を動かす一連の治療を12回行うことで幻肢痛が有意に改善し、その効果が6カ月間持続したことをスウェーデン・Chalmers University of TechnologyのMax Ortiz-Catalan氏らがLancet2016年12月1日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ラグビーワールドカップ開幕

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  仮想上肢の訓練で幻肢痛が緩和

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09505936 有効期限:9月末まで