メニューを開く 検索を開く ログイン

小児の全身麻酔、発達への影響で警告

FDA安全性情報

 2016年12月16日 11:30
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 米食品医薬品局(FDA)は12月14日、小児および妊婦に対する長時間あるいは複数回の全身麻酔薬使用に関する安全性情報を発出した。動物実験および一部の疫学研究で早期の全身麻酔薬への曝露による認知機能や行動への悪影響が示唆されているとして、3歳未満の小児および第3トリメスター(妊娠後期)の妊婦に対する全身麻酔薬および鎮静薬の使用のリスクについて、添付文書に警告を追記するよう求めている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  安全性情報 »  小児の全身麻酔、発達への影響で警告

error in template: found but mtif was expected