メニューを開く 検索を開く
花粉症対策2017をチェック
 安全性情報へ戻る

小児の全身麻酔、発達への影響で警告

FDA安全性情報

安全性情報 | 2016.12.16 11:30

 米食品医薬品局(FDA)は12月14日、小児および妊婦に対する長時間あるいは複数回の全身麻酔薬使用に関する安全性情報を発出した。動物実験および一部の疫学研究で早期の全身麻酔薬への曝露による認知機能や行動への悪影響が示唆されているとして、3歳未満の小児および第3トリメスター(妊娠後期)の妊婦に対する全身麻酔薬および鎮静薬の使用のリスクについて、添付文書に警告を追記するよう求めている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    【解説】RA治療で初、経口薬でBio上回る効果

  2. 2

    糖尿病の外科治療で5年後も効果が持続

  3. 3

    成人喘息患者の3分の1が再評価で喘息否定

  4. 4

    SGLT2阻害薬の皮膚障害に新仮説

  5. 5

    がん患者の脱毛、頭皮冷却装置で半数が頭髪維持

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  安全性情報 >  小児の全身麻酔、発達への影響で警告