メニューを開く 検索を開く ログイン

便移植、ドナー選定の課題も

 2016年12月19日 07:05
プッシュ通知を受取る


中川氏 千葉大学消化器内科の中川倫夫氏は、難治性の潰瘍性大腸炎(UC)に対する「糞便微生物移植法(Fecal Microbiota Transplantation:FMT)」の有効性は既報の結果と同様に限定的であったとしながらも、長期寛解維持例も認められたことを第71回日本大腸肛門病学会(11月18~19日)で報告した。一方で、現状ではドナー選定に非常に時間がかかっているため、画一的な方法が求められると指摘した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  便移植、ドナー選定の課題も