メニューを開く 検索 ログイン

便移植、ドナー選定の課題も

2016年12月19日 07:05


中川氏 千葉大学消化器内科の中川倫夫氏は、難治性の潰瘍性大腸炎(UC)に対する「糞便微生物移植法(Fecal Microbiota Transplantation:FMT)」の有効性は既報の結果と同様に限定的であったとしながらも、長期寛解維持例も認められたことを第71回日本大腸肛門病学会(11月18~19日)で報告した。一方で、現状ではドナー選定に非常に時間がかかっているため、画一的な方法が求められると指摘した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  便移植、ドナー選定の課題も

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで