メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  結核診断の指針、17年ぶりに改訂

結核診断の指針、17年ぶりに改訂

米国感染症学会など

 2016年12月19日 07:10
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 米国感染症学会(IDSA)は12月8日、同学会および米国胸部学会(ATS)、米疾病対策センター(CDC)が合同で策定した結核診断ガイドライン(GL)をClin Infect Dis2016年12月8日オンライン版)で公表した。インターフェロンγ遊離試験(IGRA)と呼ばれる新たな検査法が登場したことを受け、17年ぶりに改訂された。米国は結核の低蔓延国だが、米国外の出身者や刑務所内の受刑者などでは依然として感染率が高いため、こうした高リスク者における潜在性結核感染症 (latent tuberculosis infection : LTBI)の早期発見にIGRAなどを活用し、発病を予防するための治療を開始することが推奨されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

今春導入された「妊婦加算」。背景に妊婦の診療を避けたがる医師心理?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  結核診断の指針、17年ぶりに改訂

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09505981 有効期限:9月末まで