メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  NYで「ゾンビ」が集団発生、原因は

NYで「ゾンビ」が集団発生、原因は

米・研究チームが分析結果を報告

2016年12月20日 14:00

 今年(2016年)7月12日の朝、ニューヨーク市ブルックリン地区の一角で、33人もの住民が精神状態に異常を来し、18人が救急搬送された。路上のあちこちで失神したり、膝から崩れ落ちて動けなくなったり、嘔吐や失禁したりする人が続出した。このときの様子については、「ゾンビのようだった」 「子供たちには決して見せたくない光景だった」とする地元住民の声などとともに欧米のメディアで大々的に報じられた。この「ゾンビ」集団発生の原因物質が合成カンナビノイドのAMB-FUBINACA※1であることを突き止めたのは、米・University of California, San FranciscoのAxel J. Adams氏らだ。同氏らはこのほど、中毒患者から採取した尿や血液の検体、さらに使用された薬物を分析した結果の詳細をN Engl J Med2016年12月14日オンライン版)に報告した。AMB-FUBINACAは、数年前にわが国でも流通していた「危険ドラッグ」のアナログだという。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  NYで「ゾンビ」が集団発生、原因は