メニューを開く 検索を開く
花粉症対策2017をチェック
 健康・公衆衛生へ戻る

NYで「ゾンビ」が集団発生、原因は

米・研究チームが分析結果を報告

健康・公衆衛生 | 2016.12.20 14:00

 今年(2016年)7月12日の朝、ニューヨーク市ブルックリン地区の一角で、33人もの住民が精神状態に異常を来し、18人が救急搬送された。路上のあちこちで失神したり、膝から崩れ落ちて動けなくなったり、嘔吐や失禁したりする人が続出した。このときの様子については、「ゾンビのようだった」 「子供たちには決して見せたくない光景だった」とする地元住民の声などとともに欧米のメディアで大々的に報じられた。この「ゾンビ」集団発生の原因物質が合成カンナビノイドのAMB-FUBINACA※1であることを突き止めたのは、米・University of California, San FranciscoのAxel J. Adams氏らだ。同氏らはこのほど、中毒患者から採取した尿や血液の検体、さらに使用された薬物を分析した結果の詳細をN Engl J Med2016年12月14日オンライン版)に報告した。AMB-FUBINACAは、数年前にわが国でも流通していた「危険ドラッグ」のアナログだという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連する診療科

関連する疾患・領域・ジャンル

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    CAD患者対象のDOAC 試験、早期中止に

  2. 2

    「SGLT2阻害薬で下肢切断リスク増」警告

  3. 3

    糖尿病の外科治療で5年後も効果が持続

  4. 4

    SGLT2阻害薬の皮膚障害に新仮説

  5. 5

    成人喘息患者の3分の1が再評価で喘息否定

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  健康・公衆衛生 >  NYで「ゾンビ」が集団発生、原因は