メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  原発性アルドステロン症検出に食塩が影響

原発性アルドステロン症検出に食塩が影響

【海外短報】

 2016年12月21日 07:05

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 未治療高血圧患者を対象とした試験で、低食塩食下での原発性アルドステロン症(PA)のスクリーニングでは偽陰性の結果が出やすいことが示された。チリのグループがJ Clin Endocrinol Metab2016; 101: 3989-3996)に発表した。

続きを読む(読了時間:約 0.5 分) 

 PAのスクリーニングにはアルドステロン/レニン比(ARR)が推奨されている。同グループは、高血圧患者に推奨されている食塩摂取制限がPAスクリーニングの結果にどのような影響を与えるかを検討した。

 対象はARR 20超の未治療高血圧患者241例。高食塩食および低食塩食負荷時にPAスクリーニングを行った。スクリーニングでのPA陽性は血漿レニン活性(PRA)1.0ng/mL/時以下、血清アルドステロン値6ng/dL以上とした。PAは24時間尿中アルドステロン排出量12μg以上、かつナトリウム排出量200mmol超で確認した。

 その結果、高食塩食下でのPAスクリーニング陽性率は241例中79例(33%)だった。しかし、低食塩食下ではこの79例中44例(56%)がPA陰性であった。79例中PAが確認された患者は48例で、うち25例(52%)は低食塩食下のスクリーニングでPA陰性だった。こうした患者は低食塩食下でPRA高値を示し、結果的にARRは正常範囲内であった。

(編集部)

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  原発性アルドステロン症検出に食塩が影響

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10505885 有効期限:10月末まで