メニューを閉じる 検索を閉じる メニューを開く 検索を開く
 学会レポートへ戻る
follow us in feedly
follow us in feedly

排尿機能と前頭葉機能の関連を示唆

神経心理学的検査の結果から

学会レポート | 2016.12.21 07:15

 排尿障害と脳機能の関連については、いまだに分かっていないことが多いが、排尿機能検査と神経心理学的検査の結果から、蓄尿期の排尿機能と前頭葉機能との関連が示唆されたと、東邦大学医療センター佐倉病院リハビリテーション部の治田寛之氏(言語聴覚士)が第23回日本排尿機能学会(12月6~8日)で報告した。同氏は「パーキンソン病(PD)、レビー小体型認知症(DLB)、大脳白質病変(WMD)の症例の認知機能の評価には、ミニメンタルステート検査(MMSE)などの簡易的なスクリーニング検査だけでなく、前頭葉機能検査(FAB)が有用と思われる」との見解を示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  1. 1

    PPIが精子の質に悪影響

  2. 2

    快刀乱麻⑫ 総会議決権の制限

  3. 3

    造影剤腎症にデータで対抗する

  4. 4

    糖質制限は難治てんかんに有効

  5. 5

    "あべこべ" になった食事療法の今後

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  学会レポート >  排尿機能と前頭葉機能の関連を示唆