メニューを閉じる 検索を閉じる メニューを開く 検索を開く
 学会レポートへ戻る
follow us in feedly
follow us in feedly

認知症に下部尿路機能障害が合併 

神経内科と泌尿器科の連携が不可欠

学会レポート | 2016.12.21 07:20

 認知症で下部尿路症状を呈する場合、患者本人への問診が困難なため、治療法の選択や経過観察に難渋する場合が多い。獨協医科大学病院排泄機能センター副センター長で神経内科学兼務泌尿器科学兼担准教授の内山智之氏は、第23回日本排尿機能学会(12月6~8日)で「両者を併せ持つとQOL低下に拍車がかかり、医療費や介護の負担も増大する。適切に対処するためには神経内科医と泌尿器科医の連携が不可欠」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

  1. 1

    快刀乱麻⑫ 総会議決権の制限

  2. 2

    造影剤腎症にデータで対抗する

  3. 3

    ハーボニー偽造品の流通で注意喚起

  4. 4

    糖質制限は難治てんかんに有効

  5. 5

    PPIが精子の質に悪影響

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  学会レポート >  認知症に下部尿路機能障害が合併