メニューを閉じる 検索を閉じる メニューを開く 検索を開く
 ガイドライン・診断基準へ戻る
follow us in feedly
follow us in feedly

心不全の共存症ごとに管理指針提示

AHAが初めて

ガイドライン・診断基準 | 2016.12.21 07:25

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 心不全(HF)患者は、高血圧症や糖尿病、脂質異常症、肥満、メタボリックシンドロームにも罹患していることが多い。これらの疾患がHFの発症に影響を及ぼすことは知られているが、HF発症後の患者の臨床アウトカムへの影響は予測困難とされており、HF患者における共存症管理の問題に疾患別に踏み込んだ詳細なガイドライン(GL)は存在しない。そこで、米国心臓協会(AHAは初めてHF患者における高血圧、糖尿病、脂質異常症、肥満、メタボリックシンドロームの管理指針に関してScientific Statementを作成、提示した。その全文はCirculation2016; 134: e535-e578)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  1. 1

    PPIが精子の質に悪影響

  2. 2

    快刀乱麻⑫ 総会議決権の制限

  3. 3

    造影剤腎症にデータで対抗する

  4. 4

    糖質制限は難治てんかんに有効

  5. 5

    "あべこべ" になった食事療法の今後

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  ガイドライン・診断基準 >  心不全の共存症ごとに管理指針提示