メニューを開く 検索を開く ログイン

肺癌診療ガイドラインが改訂

がん免疫療法ガイドラインも刊行

 2016年12月22日 17:20
プッシュ通知を受取る

 12月20日、『EBMの手法による肺癌診療ガイドライン(悪性胸膜中皮腫・胸腺腫瘍含む)2016年版』(日本肺癌学会編)が刊行された。今回の主な改訂点は非小細胞肺がん(NSCLC)の一次治療の部分で、12月19日に適応拡大承認されたペムブロリズマブ(関連記事)、および来年の前半に適応拡大承認が見込まれているROS1遺伝子転座陽性例に対するクリゾチニブが推奨される治療として加わった。また同日に、『がん免疫療法ガイドライン』(日本臨床腫瘍学会編)も刊行された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

どうする、福島原発の汚染処理水

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  肺癌診療ガイドラインが改訂

error in template: found but mtif was expected