メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  肺癌診療ガイドラインが改訂

肺癌診療ガイドラインが改訂

がん免疫療法ガイドラインも刊行

2016年12月22日 17:20

5名の医師が参考になったと回答 

 12月20日、『EBMの手法による肺癌診療ガイドライン(悪性胸膜中皮腫・胸腺腫瘍含む)2016年版』(日本肺癌学会編)が刊行された。今回の主な改訂点は非小細胞肺がん(NSCLC)の一次治療の部分で、12月19日に適応拡大承認されたペムブロリズマブ(関連記事)、および来年の前半に適応拡大承認が見込まれているROS1遺伝子転座陽性例に対するクリゾチニブが推奨される治療として加わった。また同日に、『がん免疫療法ガイドライン』(日本臨床腫瘍学会編)も刊行された。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

岩手の奇祭「蘇民祭」が1000年以上の歴史に幕。

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  肺癌診療ガイドラインが改訂