メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

最近の歯の喪失が緑内障と関係か

【海外短報】

 2016年12月23日 07:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 最近の歯の喪失が原発開放隅角緑内障(POAG)のリスクと関係している可能性があると、米・Harvard UniversityのグループがOphthalmology2016; 123: 2318-2327)に発表した。

 歯の喪失および歯周病と関係する血管内皮機能障害はPOAGに影響する可能性がある。同グループは、1986〜2012年に追跡を行ったHealth Profes­sionals Follow-up Studyに参加した40歳以上の男性を対象に口腔衛生とPOAGとの関係を検討した。

 追跡期間中のPOAG発症は485例だった。解析の結果、天然歯数、歯周病、歯根管治療とPOAGとの間に関係は認められなかった。しかし、歯の喪失がなかった群と比べ、過去2年以内に歯の喪失があった群ではPOAGリスクは1.45倍であった(95%CI 1.06〜1.97)。特に、過去2年以内の歯の喪失と歯周病診断が重複した群ではリスクは1.85倍と高かった(同1.07〜3.18)。

 最近の歯の喪失は、眼圧22mmHg未満および早期の中心付近の視野欠損を伴うPOAGとの関係が強かった。

(編集部)

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  最近の歯の喪失が緑内障と関係か

error in template: found but mtif was expected