メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

 安全性情報へ戻る

向精神薬は全BPSDに有効ではない

認知症患者への適用外処方

安全性情報 | 2016.12.26 07:05

 認知症患者における行動・心理症状(BPSD)の治療は非薬物的介入が原則だが、効果が得られず患者と周囲の人に危険が及ぶこともあるため、適用外だが向精神薬が用いられている。香川大学精神神経医学講座准教授の角徳文氏は、中等度以上の精神病症状や攻撃性など、認知症患者のBPSDに対する向精神薬の有効性のエビデンスは限定的であり、全ての症状に有効ではないと第35回日本認知症学会(12月1~2日)で述べた。



…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  1. 1

    "Extreme risk"群を新設、LDL-C目標値を提示

  2. 2

    米で警告、カナグリフロジンの下肢切断リスク

  3. 3

    グルテンフリー食は「心血管にメリットなし」

  4. 4

    抗菌薬を過剰処方する医師の特徴は?

  5. 5

    維持できない体重減量はしない方がましか

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  安全性情報 >  向精神薬は全BPSDに有効ではない

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

医師の見解・コメントが読める※医師会員のみ

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P05506038有効期限:5月末まで