メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  震災後DVTは将来のイベントに影響

震災後DVTは将来のイベントに影響

新潟大・榛沢和彦氏が警鐘

2016年12月27日 11:00

2名の医師が参考になったと回答 

 今年は、熊本地震(4月14日以降に熊本県と大分県で相次いで発生、最大震度7)、鳥取県中部地震(10月21日、最大震度6弱)などが発生した。災害と被災者の健康との関連性が指摘されて久しい。2004年に発生した新潟県中越地震における被災者の血栓症を追跡している新潟大学大学院呼吸循環外科講師の榛沢和彦氏は、慢性期の深部静脈血栓症(DVT)検診でDVTが認められた者では心血管イベントリスクは約6倍、がん死を除く死亡は約14倍と、それぞれ有意に高いという解析結果を明らかにしている。災害時に形成されたDVTが長期間下腿部に残存し、将来のイベント発生に波及する、と同氏は指摘している。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

各地で連日30℃超えの真夏日が続く。猛暑だと外来患者は?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  震災後DVTは将来のイベントに影響