メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

 解説へ戻る

震災後DVTは将来のイベントに影響

新潟大・榛沢和彦氏が警鐘

解説 | 2016.12.27 11:00

 今年は、熊本地震(4月14日以降に熊本県と大分県で相次いで発生、最大震度7)、鳥取県中部地震(10月21日、最大震度6弱)などが発生した。災害と被災者の健康との関連性が指摘されて久しい。2004年に発生した新潟県中越地震における被災者の血栓症を追跡している新潟大学大学院呼吸循環外科講師の榛沢和彦氏は、慢性期の深部静脈血栓症(DVT)検診でDVTが認められた者では心血管イベントリスクは約6倍、がん死を除く死亡は約14倍と、それぞれ有意に高いという解析結果を明らかにしている。災害時に形成されたDVTが長期間下腿部に残存し、将来のイベント発生に波及する、と同氏は指摘している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  1. 1

    "Extreme risk"群を新設、LDL-C目標値を提示

  2. 2

    米で警告、カナグリフロジンの下肢切断リスク

  3. 3

    グルテンフリー食は「心血管にメリットなし」

  4. 4

    抗菌薬を過剰処方する医師の特徴は?

  5. 5

    維持できない体重減量はしない方がましか

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  解説 >  震災後DVTは将来のイベントに影響

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

医師の見解・コメントが読める※医師会員のみ

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P05505915有効期限:5月末まで