メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

高額医療費時代の次世代がん医療開発

 2016年12月28日 07:20
プッシュ通知を受取る

イメージ画像

 画期的な新薬でありながら、「高額過ぎる」と議論を巻き起こしていた免疫チェックポイント阻害薬ニボルマブ(商品名オプジーボ)の薬価が、緊急的に50%引き下げられることが11月16日に決まった。高額医療費の問題は同薬に限ったことではなく、開発コストの増大を反映して、相次いで開発される抗がん薬の薬価は次第に高額になっている。第75回日本癌学会(10月6~8日)におけるパネルディスカッション「高額医療費時代の次世代がん医療開発」での議論の様子をレポートする。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  高額医療費時代の次世代がん医療開発

error in template: found but mtif was expected