メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  高額医療費時代の次世代がん医療開発

高額医療費時代の次世代がん医療開発

 2016年12月28日 07:20
プッシュ通知を受取る

イメージ画像

 画期的な新薬でありながら、「高額過ぎる」と議論を巻き起こしていた免疫チェックポイント阻害薬ニボルマブ(商品名オプジーボ)の薬価が、緊急的に50%引き下げられることが11月16日に決まった。高額医療費の問題は同薬に限ったことではなく、開発コストの増大を反映して、相次いで開発される抗がん薬の薬価は次第に高額になっている。第75回日本癌学会(10月6~8日)におけるパネルディスカッション「高額医療費時代の次世代がん医療開発」での議論の様子をレポートする。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

日本のサマータイム導入の検討。どう考える?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  高額医療費時代の次世代がん医療開発

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P08506089 有効期限:8月末まで