メニューを閉じる 検索を閉じる メニューを開く 検索を開く
 学会レポートへ戻る
follow us in feedly
follow us in feedly

認知症のBPSDに対する「回想法」とは?

学会レポート | 2016.12.29 07:25

 認知症患者における行動・心理症状(BPSD)の治療の原則は非薬物療法であり、音楽療法、認知リハビリテーション、バリデーション療法、絵画・芸術療法などさまざまある。上智大学総合人間科学部教授(慶成会老年学研究所)の黒川由紀子氏は、非薬物療法としてうつ病の発症予防や落ち着き(沈静)への効果が期待される「回想法」の施行例を第35回日本認知症学会(12月1~2日)で紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

  1. 1

    快刀乱麻⑫ 総会議決権の制限

  2. 2

    造影剤腎症にデータで対抗する

  3. 3

    ハーボニー偽造品の流通で注意喚起

  4. 4

    糖質制限は難治てんかんに有効

  5. 5

    PPIが精子の質に悪影響

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  学会レポート >  認知症のBPSDに対する「回想法」とは?