メニューを開く 検索を開く
花粉症対策2017をチェック
 ガイドライン・診断基準へ戻る

5学会が「急性腎障害GL」を発行

ガイドライン・診断基準 | 2016.12.29 07:20

 日本腎臓学会、日本集中治療医学会、日本透析医学会、日本急性血液浄化学会、日本小児腎臓学会の5学会合同で作成した「AKI(急性腎障害)ガイドライン診療2016」が12月に発行され、そのダイジェスト版が学会公式サイトで公表された。AKIは急激な腎機能低下と腎組織障害を伴い、幅広い疾患スペクトラムを有する疾患概念であり、2004年に国際腎臓学会、米国腎臓学会などの欧米の関連学会・団体によって提唱された。国際的には、2012年にKidney Disease : Improving Global Outcomes(KDIGO)がガイドライン(GL)を発表したが、今回の5学会合同GLは日本の診療に即してつくられており、世界で初めて尿中バイオマーカーに関するクリニカル・クエスチョン(CQ)を設けた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    CAD患者対象のDOAC 試験、早期中止に

  2. 2

    「SGLT2阻害薬で下肢切断リスク増」警告

  3. 3

    糖尿病の外科治療で5年後も効果が持続

  4. 4

    SGLT2阻害薬の皮膚障害に新仮説

  5. 5

    成人喘息患者の3分の1が再評価で喘息否定

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  ガイドライン・診断基準 >  5学会が「急性腎障害GL」を発行