メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  5学会が「急性腎障害GL」を発行

5学会が「急性腎障害GL」を発行

 2016年12月29日 07:20
プッシュ通知を受取る

 日本腎臓学会、日本集中治療医学会、日本透析医学会、日本急性血液浄化学会、日本小児腎臓学会の5学会合同で作成した「AKI(急性腎障害)ガイドライン診療2016」が12月に発行され、そのダイジェスト版が学会公式サイトで公表された。AKIは急激な腎機能低下と腎組織障害を伴い、幅広い疾患スペクトラムを有する疾患概念であり、2004年に国際腎臓学会、米国腎臓学会などの欧米の関連学会・団体によって提唱された。国際的には、2012年にKidney Disease : Improving Global Outcomes(KDIGO)がガイドライン(GL)を発表したが、今回の5学会合同GLは日本の診療に即してつくられており、世界で初めて尿中バイオマーカーに関するクリニカル・クエスチョン(CQ)を設けた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「東名あおり運転」、判決。先生のあおり運転体験は?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  5学会が「急性腎障害GL」を発行

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12506073 有効期限:12月末まで