メニューを開く 検索 ログイン

5学会が「急性腎障害GL」を発行

2016年12月29日 07:20

 日本腎臓学会、日本集中治療医学会、日本透析医学会、日本急性血液浄化学会、日本小児腎臓学会の5学会合同で作成した「AKI(急性腎障害)ガイドライン診療2016」が12月に発行され、そのダイジェスト版が学会公式サイトで公表された。AKIは急激な腎機能低下と腎組織障害を伴い、幅広い疾患スペクトラムを有する疾患概念であり、2004年に国際腎臓学会、米国腎臓学会などの欧米の関連学会・団体によって提唱された。国際的には、2012年にKidney Disease : Improving Global Outcomes(KDIGO)がガイドライン(GL)を発表したが、今回の5学会合同GLは日本の診療に即してつくられており、世界で初めて尿中バイオマーカーに関するクリニカル・クエスチョン(CQ)を設けた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  5学会が「急性腎障害GL」を発行