メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  市販後調査を脳神経外科学会が実施

市販後調査を脳神経外科学会が実施

新規医療機器の開発を促進

 2016年12月29日 06:55
プッシュ通知を受取る

 デバイスラグの問題を解決する糸口として、申請から承認までの期間を短くする代わりに、全例市販後調査の実施を条件に承認する流れにある。今年(2016年)、この市販後調査を学会主導研究として行う取り組みが日本脳神経外科学会で始まった。大阪市立大学大学院脳神経外科学教授の大畑建治氏が、12月27日に東京で開かれた同学会のメディアフォーラムで紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

テニス・大坂なおみが初凱旋試合(東レPPO)。どこまで勝ち上がれるか?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  市販後調査を脳神経外科学会が実施

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09506116 有効期限:9月末まで