メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

市販後調査を脳神経外科学会が実施

新規医療機器の開発を促進

 2016年12月29日 06:55
プッシュ通知を受取る

 デバイスラグの問題を解決する糸口として、申請から承認までの期間を短くする代わりに、全例市販後調査の実施を条件に承認する流れにある。今年(2016年)、この市販後調査を学会主導研究として行う取り組みが日本脳神経外科学会で始まった。大阪市立大学大学院脳神経外科学教授の大畑建治氏が、12月27日に東京で開かれた同学会のメディアフォーラムで紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  市販後調査を脳神経外科学会が実施

error in template: found but mtif was expected