メニューを閉じる 検索を閉じる メニューを開く 検索を開く
 解説へ戻る
follow us in feedly
follow us in feedly

市販後調査を脳神経外科学会が実施

新規医療機器の開発を促進

解説 | 2016.12.29 06:55

 デバイスラグの問題を解決する糸口として、申請から承認までの期間を短くする代わりに、全例市販後調査の実施を条件に承認する流れにある。今年(2016年)、この市販後調査を学会主導研究として行う取り組みが日本脳神経外科学会で始まった。大阪市立大学大学院脳神経外科学教授の大畑建治氏が、12月27日に東京で開かれた同学会のメディアフォーラムで紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

  1. 1

    快刀乱麻⑫ 総会議決権の制限

  2. 2

    造影剤腎症にデータで対抗する

  3. 3

    ハーボニー偽造品の流通で注意喚起

  4. 4

    糖質制限は難治てんかんに有効

  5. 5

    PPIが精子の質に悪影響

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  解説 >  市販後調査を脳神経外科学会が実施