メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

 解説へ戻る

アトピー発症に自然リンパ球が介在

解説 | 2016.12.30 07:20

 アトピー性皮膚炎(AD)のアレルギー反応はこれまで2型ヘルパーT細胞(Th2)が中心的役割を果たしていると考えられてきたが、最近、新たに2型自然リンパ球(innate lymphoid type 2 cells; ILC2s)の介在が明らかとなった。従来見過ごされてきた自然リンパ球によるアレルギーという概念を理解することで、ADの発症・増悪機序の解明や新薬の開発につながることが期待される。そこで、皮膚炎症の研究に造詣が深いフランス・リヨン大学病院アレルギー・臨床免疫学部門長のJean-François Nicolas氏にADの最近の知見について聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事・ピックアップコンテンツ

  1. 1

    SGLT2阻害薬、実臨床で心不全・死亡減少

  2. 2

    「自転車とEDリスク」関連はあるのか

  3. 3

    食の欧米化で日本人は健康になる

  4. 4

    糖尿病足病変、日本は海外の1割

  5. 5

    糖尿病患者の便秘、腸内環境との関連は?

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  解説 >  アトピー発症に自然リンパ球が介在

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

医師の見解・コメントが読める※医師会員のみ

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P05506109有効期限:5月末まで