メニューを開く 検索を開く
花粉症対策2017をチェック
 解説へ戻る

アトピー発症に自然リンパ球が介在

解説 | 2016.12.30 07:20

 アトピー性皮膚炎(AD)のアレルギー反応はこれまで2型ヘルパーT細胞(Th2)が中心的役割を果たしていると考えられてきたが、最近、新たに2型自然リンパ球(innate lymphoid type 2 cells; ILC2s)の介在が明らかとなった。従来見過ごされてきた自然リンパ球によるアレルギーという概念を理解することで、ADの発症・増悪機序の解明や新薬の開発につながることが期待される。そこで、皮膚炎症の研究に造詣が深いフランス・リヨン大学病院アレルギー・臨床免疫学部門長のJean-François Nicolas氏にADの最近の知見について聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    【解説】RA治療で初、経口薬でBio上回る効果

  2. 2

    医師の職位低いと燃え尽き度が悪化

  3. 3

    うつ病関連の不定愁訴があればすぐ介入を

  4. 4

    成人喘息患者の3分の1が再評価で喘息否定

  5. 5

    ケトン体サプリメントで持久力が向上

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  解説 >  アトピー発症に自然リンパ球が介在