メニューを閉じる 検索を閉じる メニューを開く 検索を開く
 解説へ戻る
follow us in feedly
follow us in feedly

EBM神話の終焉とPrecision medicineの裏側

時代の変化を問う<1> 
Interviewee | 東海大学循環器内科学教授 後藤 信哉氏

解説 | 2017.01.05 15:46

後藤氏 心筋梗塞や血栓症の権威であり、国内外の臨床試験に多数関わってきた後藤信哉氏が、ランダム化比較試験(RCT)やEvidence based medi­cine(EBM)の未来に懐疑的だと聞き真意を問うた。同氏の視野は広く、現代医療を支えたEBMのコンセプトが行き詰まりつつあること、それに代わるものとして提唱された個別化医療やprecision medicine(精密医療)も思想的基盤が脆弱で、背後に巨大情報企業の利害が見え隠れすること、情報技術の進歩と個人情報の蓄積は医療に激変をもたらし、医師をマニュアルワーカーにしかねないことなどについて、危機感を込めて語った。

時代の変化を問う<2>"あべこべ"になった食事療法の今後はこちら

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  1. 1

    PPIが精子の質に悪影響

  2. 2

    快刀乱麻⑫ 総会議決権の制限

  3. 3

    造影剤腎症にデータで対抗する

  4. 4

    糖質制限は難治てんかんに有効

  5. 5

    "あべこべ" になった食事療法の今後

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  解説 >  EBM神話の終焉とPrecision medicineの裏側