メニューを開く 検索を開く ログイン

オシメルチニブが新たな標準二次治療に

EGFR T790M変異陽性NSCLC

 2017年01月05日 15:00
プッシュ通知を受取る

 「第三世代」の上皮成長因子受容体阻害薬(EGFR-TKI)と位置付けられるオシメルチニブ。EGFR-TKIによる一次治療後に進行し、かつ耐性変異(T790M)が確認された非小細胞肺がん(NSCLC)を対象に、同薬の有効性を化学療法との比較により検証したランダム化比較第Ⅲ相試験(AURA3)の結果から、全体集団および日本人サブグループのいずれにおいても、オシメルチニブの一貫した有効性が認められたことが、愛知県がんセンター中央病院呼吸器内科部長の樋田豊明氏から報告された。同演題は、第57回日本肺癌学会(2016年12月19~21日)のプレナリーセッションで、最優秀演題として発表された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  オシメルチニブが新たな標準二次治療に