メニューを閉じる 検索を閉じる メニューを開く 検索を開く
 薬剤情報へ戻る
follow us in feedly
follow us in feedly

国内初、肺がんでリキッドバイオプシー

NSCLCのEGFR T790M変異検査が血漿検体で可能に

薬剤情報 | 2017.01.05 13:40

 ロシュ・ダイアグノスティックス社は昨年(2016年)12月27日、上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異を検出する検査薬「コバス EGFR遺伝子変異検出キットv2.0」の一部変更承認を同月26日に取得したことを発表した。従来の組織検体に加え、血液検査で得られる検体を用いた、いわゆるリキッドバイオプシーが追加された。固形腫瘍の遺伝子変異検査としては、国内初のリキッドバイオプシーによる遺伝子変異検出キットとなる。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

  1. 1

    快刀乱麻⑫ 総会議決権の制限

  2. 2

    造影剤腎症にデータで対抗する

  3. 3

    ハーボニー偽造品の流通で注意喚起

  4. 4

    糖質制限は難治てんかんに有効

  5. 5

    PPIが精子の質に悪影響

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  薬剤情報 >  国内初、肺がんでリキッドバイオプシー