メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  薬剤情報 »  国内初、肺がんでリキッドバイオプシー

国内初、肺がんでリキッドバイオプシー

NSCLCのEGFR T790M変異検査が血漿検体で可能に

 2017年01月05日 13:40
プッシュ通知を受取る

 ロシュ・ダイアグノスティックス社は昨年(2016年)12月27日、上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異を検出する検査薬「コバス EGFR遺伝子変異検出キットv2.0」の一部変更承認を同月26日に取得したことを発表した。従来の組織検体に加え、血液検査で得られる検体を用いた、いわゆるリキッドバイオプシーが追加された。固形腫瘍の遺伝子変異検査としては、国内初のリキッドバイオプシーによる遺伝子変異検出キットとなる。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ふるさと納税しましたか?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  薬剤情報 »  国内初、肺がんでリキッドバイオプシー

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12506128 有効期限:12月末まで