メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  安全性情報 »  抗精神病薬多剤併用大量投与で心拍数上昇

抗精神病薬多剤併用大量投与で心拍数上昇

 2017年01月06日 11:50
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 統合失調症の死亡リスク増大には、抗精神病薬の副作用も深く関与している。新潟大学大学院精神医学分野病院准教授の鈴木雄太郎氏は、わが国における抗精神病薬の多剤併用大量療法について現状を報告した。その上で、投与する同薬の種類が増えるほど全死亡や突然死の相対リスクの上昇と関連する安静時心拍数(RHR)も上昇するという自施設での検討結果を第26回日本臨床精神神経薬理学会(11月17~18日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

暑い日にMRが背広なし・ノーネクタイで訪問したら?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  安全性情報 »  抗精神病薬多剤併用大量投与で心拍数上昇

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07506094 有効期限:7月末まで