メニューを開く 検索 ログイン

抗精神病薬多剤併用大量投与で心拍数上昇

2017年01月06日 11:50

3名の医師が参考になったと回答 

 統合失調症の死亡リスク増大には、抗精神病薬の副作用も深く関与している。新潟大学大学院精神医学分野病院准教授の鈴木雄太郎氏は、わが国における抗精神病薬の多剤併用大量療法について現状を報告した。その上で、投与する同薬の種類が増えるほど全死亡や突然死の相対リスクの上昇と関連する安静時心拍数(RHR)も上昇するという自施設での検討結果を第26回日本臨床精神神経薬理学会(11月17~18日)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  安全性情報 »  抗精神病薬多剤併用大量投与で心拍数上昇

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD506094 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外