メニューを閉じる 検索を閉じる メニューを開く 検索を開く
 健康・公衆衛生へ戻る

海馬容積が認知症の進行と関係

【海外短報】

健康・公衆衛生 | 2017.01.07 07:00

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 軽度認知障害(MCI)患者を対象とした研究で、アルツハイマー病(AD)とは対照的にレビー小体型認知症では大部分の患者で海馬容積が保たれていることが分かった。米・Mayo ClinicのグループがNeurology2016; 87: 2317-2323)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連する診療科

関連する疾患・領域・ジャンル

関連記事

  1. 1

    快刀乱麻⑫ 総会議決権の制限

  2. 2

    ハーボニー偽造品の流通で注意喚起

  3. 3

    「ブラック企業」並み? 外科医の労働環境

  4. 4

    第2回 海を見ていた午後

  5. 5

    "痛み"に抗うつ薬の処方が可能に

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  健康・公衆衛生 >  海馬容積が認知症の進行と関係