メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  性感染症に関連する眼症状、診断のポイントは

性感染症に関連する眼症状、診断のポイントは

 2017年01月10日 07:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 眼の症状で眼科を受診し、性感染症が発見されることがある。徳島診療所(東京都)院長の中川尚氏は第29回日本性感染症学会(2016年12月3〜4日)において、性感染症に関連する主な眼症状と、鑑別診断のポイントを紹介。眼所見だけでは原因となっている性感染症の特定は困難であり、梅毒血清検査や眼脂塗抹検鏡を積極的に行う必要があることを説明した。また、アデノウイルス感染症に関する最近の知見を提示し、アデノウイルス結膜炎の一部は性感染症由来の可能性が高いとした。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のスケジュールはなにで管理?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  性感染症に関連する眼症状、診断のポイントは

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11506122 有効期限:11月末まで