メニューを閉じる 検索を閉じる メニューを開く 検索を開く
 学会レポートへ戻る
follow us in feedly
follow us in feedly

性感染症に関連する眼症状、診断のポイントは

学会レポート | 2017.01.10 07:05

 眼の症状で眼科を受診し、性感染症が発見されることがある。徳島診療所(東京都)院長の中川尚氏は第29回日本性感染症学会(2016年12月3〜4日)において、性感染症に関連する主な眼症状と、鑑別診断のポイントを紹介。眼所見だけでは原因となっている性感染症の特定は困難であり、梅毒血清検査や眼脂塗抹検鏡を積極的に行う必要があることを説明した。また、アデノウイルス感染症に関する最近の知見を提示し、アデノウイルス結膜炎の一部は性感染症由来の可能性が高いとした。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  1. 1

    PPIが精子の質に悪影響

  2. 2

    快刀乱麻⑫ 総会議決権の制限

  3. 3

    造影剤腎症にデータで対抗する

  4. 4

    糖質制限は難治てんかんに有効

  5. 5

    "あべこべ" になった食事療法の今後

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  学会レポート >  性感染症に関連する眼症状、診断のポイントは