メニューを開く 検索を開く
花粉症対策2017をチェック
 学会レポートへ戻る

AMPA受容体を選択的に阻害

新規抗てんかん薬ペランパネル

学会レポート | 2017.01.10 07:00

 ペランパネル(PRP)はAMPA受容体を選択的に阻害する抗てんかん薬で、2016年に日本で承認された4種の抗てんかん薬の1つ。適応は「他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかん患者の部分発作(二次性全般化発作を含む)および強直間代発作(PGTC)に対する抗てんかん薬との併用療法」である。湊病院(青森県)北東北てんかんセンターセンター長の兼子直氏が、PRPの効果、位置付けについて第50回日本てんかん学会で解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    CAD患者対象のDOAC 試験、早期中止に

  2. 2

    「SGLT2阻害薬で下肢切断リスク増」警告

  3. 3

    糖尿病の外科治療で5年後も効果が持続

  4. 4

    SGLT2阻害薬の皮膚障害に新仮説

  5. 5

    成人喘息患者の3分の1が再評価で喘息否定

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  学会レポート >  AMPA受容体を選択的に阻害