メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

 学会レポートへ戻る

リキッドバイオプシーは薬効予測に有用か?

国内臨床試験で第三世代EGFR-TKIの効果予測の有用性を検証

学会レポート | 2017.01.10 16:25

 昨年(2016年)末、固形腫瘍の遺伝子変異検査としては国内初のリキッドバイオプシーによる遺伝子変異検出キットが承認された(関連記事)。しかし、リキッドバイオプシーが分子標的の薬効果予測に有用かどうかについては課題が残るという。佐賀大学血液・呼吸器・腫瘍内科診療教授の荒金尚子氏らは、今月(2017年1月)から、再生検とリキッドバイオプシーの同等性、および薬効相関について検証する国内多施設共同臨床試験を開始すると、第57回日本肺癌学会(2016年12月19~21日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  1. 1

    "Extreme risk"群を新設、LDL-C目標値を提示

  2. 2

    米で警告、カナグリフロジンの下肢切断リスク

  3. 3

    抗菌薬を過剰処方する医師の特徴は?

  4. 4

    維持できない体重減量はしない方がましか

  5. 5

    注目ワード「ケトン体」、これだけは知っておきたい

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  学会レポート >  リキッドバイオプシーは薬効予測に有用か?

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

医師の見解・コメントが読める※医師会員のみ

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P05506154有効期限:5月末まで