メニューを開く 検索を開く
花粉症対策2017をチェック
 学会レポートへ戻る

リキッドバイオプシーは薬効予測に有用か?

国内臨床試験で第三世代EGFR-TKIの効果予測の有用性を検証

学会レポート | 2017.01.10 16:25

 昨年(2016年)末、固形腫瘍の遺伝子変異検査としては国内初のリキッドバイオプシーによる遺伝子変異検出キットが承認された(関連記事)。しかし、リキッドバイオプシーが分子標的の薬効果予測に有用かどうかについては課題が残るという。佐賀大学血液・呼吸器・腫瘍内科診療教授の荒金尚子氏らは、今月(2017年1月)から、再生検とリキッドバイオプシーの同等性、および薬効相関について検証する国内多施設共同臨床試験を開始すると、第57回日本肺癌学会(2016年12月19~21日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    CAD患者対象のDOAC 試験、早期中止に

  2. 2

    「SGLT2阻害薬で下肢切断リスク増」警告

  3. 3

    糖尿病の外科治療で5年後も効果が持続

  4. 4

    SGLT2阻害薬の皮膚障害に新仮説

  5. 5

    成人喘息患者の3分の1が再評価で喘息否定

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  学会レポート >  リキッドバイオプシーは薬効予測に有用か?