メニューを開く 検索を開く ログイン

新規作用機序を有する抗てんかん薬

注目の新薬ラコサミド

 2017年01月11日 07:10
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 ラコサミド(LCM)は新規作用機序を有する抗てんかん薬で、2016年に日本で承認された4種の抗てんかん薬の1つ。適応は「16歳以上の薬剤抵抗性のてんかん患者の部分発作(二次性全般化発作を含む)に対する併用療法」である。LCMの作用機序や効果について、国立病院機構静岡てんかん・神経医療センター神経内科医長の寺田清人氏が第50回日本てんかん学会で解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  新規作用機序を有する抗てんかん薬