メニューを開く 検索を開く ログイン
花粉症対策2017をチェック 詳しく
 安全性情報へ戻る

イグラチモドの「重大な副作用」改訂

「無顆粒球症」を追記

安全性情報 | 2017.01.11 12:20

 厚生労働省は1月10日、日本製薬団体連合会に対し、関節リウマチの治療薬であるイグラチモド(商品名ケアラム、コルベット)の添付文書の改訂を通達。「重大な副作用」に「無顆粒球症」を追記するよう指示した。同日には同薬の他、多発性骨髄腫などの治療薬レナリドミド(同レブラミド)、多発性硬化症の治療薬インターフェロンベータ‐1b(同ベタフェロン)についても添付文書の改訂指示が出された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    AFの脳梗塞予防療法、8割が不適切

  2. 2

    PCSK9阻害薬で初、心血管イベント抑制

  3. 3

    無罪判決に桑島氏が見解

  4. 4

    低用量リバーロキサバンでVTE再発リスク減

  5. 5

    医師国試、合格率は88.7%自治医科大は100%〔CBnews〕

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  安全性情報 >  イグラチモドの「重大な副作用」改訂