メニューを閉じる 検索を閉じる メニューを開く 検索を開く
 安全性情報へ戻る
follow us in feedly
follow us in feedly

イグラチモドの「重大な副作用」改訂

「無顆粒球症」を追記

安全性情報 | 2017.01.11 12:20

 厚生労働省は1月10日、日本製薬団体連合会に対し、関節リウマチの治療薬であるイグラチモド(商品名ケアラム、コルベット)の添付文書の改訂を通達。「重大な副作用」に「無顆粒球症」を追記するよう指示した。同日には同薬の他、多発性骨髄腫などの治療薬レナリドミド(同レブラミド)、多発性硬化症の治療薬インターフェロンベータ‐1b(同ベタフェロン)についても添付文書の改訂指示が出された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  1. 1

    PPIが精子の質に悪影響

  2. 2

    快刀乱麻⑫ 総会議決権の制限

  3. 3

    造影剤腎症にデータで対抗する

  4. 4

    糖質制限は難治てんかんに有効

  5. 5

    "あべこべ" になった食事療法の今後

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  安全性情報 >  イグラチモドの「重大な副作用」改訂