メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  循環器 »  左冠動脈主幹部はCABGが好成績

左冠動脈主幹部はCABGが好成績

【海外短報】

 2017年01月12日 07:00

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 左冠動脈主幹部(LMT)病変に対する長期治療成績は、冠動脈バイパス術(CABG)が経皮的冠動脈インターベンション(PCI)より優れていることを示す試験結果が、国際共同研究グループによりLancet2016; 388: 2743-2752)に発表された。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

 LMT病変の標準的血行再建術はCABGだが、近年はPCIの施行が増加している。同グループは、LMT病変に対する治療法として薬剤溶出ステント(DES)を用いたPCIがCABGに非劣性であるかどうかを検討する多施設非盲検下ランダム化比較試験を実施した。

 対象は安定狭心症、不安定狭心症、非ST上昇型心筋梗塞(MI)患者の計1,201例。CABG群とPCI群に1:1でランダムに割り付け、主要評価項目は全死亡、手技に関連しないMI、冠動脈血行再建術の再施行と脳卒中を複合した主要心脳血管イベント(MACCE)とした。PCIのCABGに対する非劣性は、5年間の追跡でハザード比(HR)の95%CI上限値が1.35を超えないこととした。

 解析対象は1,184例(各群592例)であった。その結果、Kaplan-Meier法による5年間の推定MACCE発生率はPCI群が29%、CABG群が19%で、HR 1.48(95%CI 1.11〜1.96)とPCIの非劣性は認められず、結果としてCABGがPCIより有意に優れていることが示された(P=0.0066)。

 両群の5年推定全死亡率と脳卒中発症率に有意差はなかったが、PCI群はCABG群と比べ手技に関連しないMI発症率(7%対2%、HR 2.88、95%CI 1.40〜5.90、P=0.0040)と、冠動脈血行再建術の再施行率(16%対10%、同1.50、1.04〜2.17、P=0.032)が有意に高かった。

(編集部)

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2017年 »  循環器 »  左冠動脈主幹部はCABGが好成績

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10506138 有効期限:10月末まで