メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  胃がん切除の術式と再建法で術後に違い

胃がん切除の術式と再建法で術後に違い

メタボリックプロファイルの検討

 2017年01月12日 07:10
プッシュ通知を受取る

 草津総合病院(滋賀県)がん医療支援センター長・第二外科部長の山本寛氏は、外科手術による糖尿病の症状改善の機序を解明するため、胃がん患者における胃切除後のコレステロールやHbA1cなどのメタボリックプロファイルについて後方視的検討を行い、術式および再建法で代謝動態が異なることを第24回日本消化器関連学会週間(JDDW 2016、11月3〜6日)で示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

暑い日にMRが背広なし・ノーネクタイで訪問したら?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  胃がん切除の術式と再建法で術後に違い

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07506163 有効期限:7月末まで