メニューを開く 検索を開く ログイン

"痛み"に抗うつ薬の処方が可能に

非がん性の疼痛治療薬の適材適所に使い分けるコツとは

 2017年01月13日 15:40
プッシュ通知を受取る

 非がん性の疼痛治療薬は、非ステロイド抗炎症薬(NSAID)やアセトアミノフェン以外に治療薬のラインナップが揃いつつある。最近では神経疼痛緩和薬プレガバリンの他、抗うつ薬のセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)のデュロキセチンが臨床導入され、ノルアドレナリン作動性特異的セロトニン作動性抗うつ薬(NaSSA)は日本発の線維筋痛症の臨床試験が実施されている。今後、各治療薬の特性を把握した上での使い分けが課題となるなか、東京リウマチ・ペインクリニック院長の岡寛氏に最近の動向を踏まえて聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  薬剤情報 »  "痛み"に抗うつ薬の処方が可能に

error in template: found but mtif was expected