メニューを開く 検索 ログイン

"痛み"に抗うつ薬の処方が可能に

非がん性の疼痛治療薬の適材適所に使い分けるコツとは

2017年01月13日 15:40

 非がん性の疼痛治療薬は、非ステロイド抗炎症薬(NSAID)やアセトアミノフェン以外に治療薬のラインナップが揃いつつある。最近では神経疼痛緩和薬プレガバリンの他、抗うつ薬のセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)のデュロキセチンが臨床導入され、ノルアドレナリン作動性特異的セロトニン作動性抗うつ薬(NaSSA)は日本発の線維筋痛症の臨床試験が実施されている。今後、各治療薬の特性を把握した上での使い分けが課題となるなか、東京リウマチ・ペインクリニック院長の岡寛氏に最近の動向を踏まえて聞いた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]6月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  薬剤情報 »  "痛み"に抗うつ薬の処方が可能に