メニューを開く 検索を開く ログイン

栄養素投与による褥瘡治癒の促進に期待

第46回日本創傷治癒学会

 2017年01月13日 07:20
プッシュ通知を受取る

 褥瘡治療においては局所的および全身性双方の創治癒遅延因子の除去が中心となり、全身性の創治癒遅延因子の中で最も重要なのが低栄養とされる。上尾中央総合病院(埼玉県)外科診療顧問の大村健二氏は、アミノ酸の投与により、皮膚のDNA合成促進やコラーゲン量の増加が認められたという報告を踏まえ「特定のアミノ酸やその他の栄養素の投与により治癒の促進が期待できる」と第46回日本創傷治癒学会(2016年12月9~10日)で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  栄養素投与による褥瘡治癒の促進に期待