メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  健康・公衆衛生 »  妊娠可能な全女性に毎日の葉酸サプリを推奨

妊娠可能な全女性に毎日の葉酸サプリを推奨

米国予防医療サービス対策委員会が勧告

 2017年01月15日 07:00

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 米国予防医療サービス対策委員会(USPSTF)は1月10日、妊娠可能な全ての女性に対し、出生児の神経管閉鎖障害を予防するため、0.4~0.8mgの葉酸が含まれるサプリメントを毎日摂取すべきとする勧告を公式サイトおよびJAMA2017; 317: 183-189)で発表した。USPSTFは2009年にも同様の勧告を発表しているが、同年以降に報告された研究データを評価した結果、推奨内容を変更する必要性はないとの判断が下された。なお、根拠とされているエビデンスの概要とシステマチックレビューも同誌(2017; 317: 190-203)に掲載されている。

続きを読む(読了時間:約 1.5 分) 

妊娠の1カ月前から妊娠初期の摂取が重要

 神経管閉鎖障害は脳や脊柱に発生する先天性の癒合不全で、主な障害として無脳症や二分脊椎が知られている。米国では、無脳症と二分脊椎を併せた発症頻度は出産1万件当たり6.5件と報告されているという。

 一方、神経管閉鎖障害の予防には妊娠前後における葉酸摂取が有効であることが、複数の研究で示されている。これらの研究結果を踏まえ、以前からわが国を含む世界各国で妊娠可能な年齢の女性に対して葉酸の摂取が推奨されている。

 USPSTFは2009年、妊娠を計画しているか、妊娠が可能な状況にある全ての女性に対し、毎日0.4~0.8mgの葉酸を摂取することを、最も推奨レベルが高い「グレードA」の勧告として発表。今回の改訂作業では、その後の新たなエビデンスを評価した結果、前回の推奨内容を変更するに足る有益性および害に関するエビデンスはなかったと説明している。

 また、米国における妊娠例の約半数は計画外妊娠であることから、医師は妊娠を計画している女性だけでなく、妊娠可能な全ての女性に対して葉酸のサプリメントを毎日摂取するよう助言すべきとしている。さらに、神経管の閉鎖は妊娠に気付かない初期の段階で完成するため、その予防には妊娠前からの葉酸摂取が重要とされているが、USPSTFでは葉酸サプリメント摂取のタイミングについて「妊娠の1カ月前から妊娠2~3カ月にかけて摂取することが重要」との見解を示している。

「食事からの摂取では不十分」としてサプリメント摂取を推奨

 葉酸はホウレンソウやブロッコリーなどの緑黄色野菜やオレンジなどに含まれている他、米国では葉酸を添加した小麦粉やシリアル、パンなどの「葉酸強化食品」が流通しており、食事からの摂取も可能だ。しかし、2003~06年の米国民保健栄養調査(NHANES)によると、15~44歳の妊娠していない女性のうち推奨量の葉酸を摂取していたのは4人に1人程度だったという。このように、食事のみで神経管閉鎖障害の予防に十分な葉酸を摂取できている女性は少ない現状を踏まえ、USPSTFは「推奨量の葉酸を含むマルチビタミンや妊婦用ビタミン(prenatal vitamin)、あるいは葉酸のみが含まれるサプリメントを毎日摂取してほしい」と呼びかけている。

 なお、わが国では欧米諸国と比べ神経管閉鎖障害の発症頻度が低いとされている。また、葉酸の摂取に関しては2000年、旧厚生省が「食品からの摂取に加えて、いわゆる栄養補助食品からの葉酸(1日0.4mg)の摂取によって神経管閉鎖障害の発症リスクが低下すること、ただし医師の管理下にある場合を除き、摂取量が1日当たり1mgを超えるべきでないこと」について情報提供するよう通達を出している。

(岬りり子)

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ランキング

  1. 1

    脳梗塞と誤認されたフグ毒中毒の症例

  2. 2

    真夏の夜の夢

  3. 3

    ASCO2017 がん免疫療法のトピックス

  4. 4

    8学会で抗菌薬適正使用を支援

  5. 5

    重症産後うつ病に有望な注射薬は?

  6. 6

    2050年に世界で1億1,500万人が失明

  7. 7

    開業に必要な3つの「決めるべきこと」

  8. 8

    生薬の"染色体毒性"を防いで流産防止

  9. 9

    米国のてんかん患者数が増加、CDC・2015年推計

  10. 10

    家庭血圧の日々変動が認知症発症リスクに

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    "HDL-C上昇薬"の悲劇と不可解

  2. 2

    漢方生薬、記載のない重大リスクも

  3. 3

    週3~4回の飲酒で糖尿病リスクが最低に

  4. 4

    製薬業界の自主規制、「行き過ぎてないか」

  5. 5

    生活指導で年相応の睡眠時間を

  6. 6

    "糖尿病が世界を滅ぼす"が現実に!?

  7. 7

    2つのチェックリストをフレイル予防に活用

  8. 8

    3つのGLを統合した成人肺炎診療GLとは?

  9. 9

    統合失調症、陰性症状の治療と支援

  10. 10

    うつ病像の変化、医療スタッフの変化も促す

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  ニュース »  2017年 »  健康・公衆衛生 »  妊娠可能な全女性に毎日の葉酸サプリを推奨

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P08506194有効期限:8月末まで