メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

チーム医療で挑む高齢者の創傷治癒

血糖管理にはカーボカウント

 2017年01月16日 07:05
プッシュ通知を受取る

 高齢者の増加により、高齢の低栄養患者が救急搬送されるケースが増えている。緊急手術による侵襲はさらなる栄養状態の悪化を招き、創傷治癒は遷延し活動力も低下して入院期間が延長する。若草第一病院(大阪府)院長の山中英治氏は、創傷治癒においては患者の全身状態が最も大きな問題と指摘し、早期回復のために最適な輸液・栄養管理や感染対策などの標準化にチーム医療で取り組むことが重要だと第46回日本創傷治癒学会(2016年12月9~10日)で示した。また糖尿病患者の血糖管理にはカーボカウントを導入している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  チーム医療で挑む高齢者の創傷治癒

error in template: found but mtif was expected