メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  ワーク・ライフ »  分娩を扱う女医の約半数が妊娠・育児中

分娩を扱う女医の約半数が妊娠・育児中

 2017年01月17日 07:15
プッシュ通知を受取る

 分娩取り扱い施設に所属する医師の約4割を女性が占め、そのうちの半数近くが妊娠・子育て中であることが日本産婦人科医会のアンケートで分かった。妊娠中の当直勤務の緩和措置を取っている施設が半数弱あったが、緩和措置なしで通常に当直する育児中の女性医師が2割も見られた。緩和勤務を必要とする妊娠・育児中の女性医師の割合は大幅に増加しており、同医会では「妊娠中や育児中の女性医師向けの対策を充実させる必要性がある」と指摘している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

11月14日は「世界糖尿病デー」。自身の診療領域の疾患啓発デーに対する認知度

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  ワーク・ライフ »  分娩を扱う女医の約半数が妊娠・育児中

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11506201 有効期限:11月末まで