メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

ハーボニー偽造品の流通で注意喚起

厚生労働省

 2017年01月17日 17:00
プッシュ通知を受取る

 厚生労働省は本日(17日)、C型肝炎治療薬としてギリアド・サイエンシズが販売しているソホスブビルとレジパスビルの合剤(商品名ハーボニー配合錠)について、奈良県内で特定の薬局チェーンにおいて偽造品が発見されたとして、各都道府県衛生主幹部および関係する団体などに対し、医薬品の適正な流通の確保に関する通知を発出した。医療機関や薬局、医薬品の販売業者への注意喚起と指導を求めている。また、通知に合わせてギリアド・サイエンシズも見つかった偽造品の事例などについて情報を公開。ハーボニー配合錠を処方した医師に対しては、患者が同配合錠を薬局などで受け取る際には必ず薬剤師とともに製品を開封し、内容物を確認するよう指導してほしいと呼びかけている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  安全性情報 »  ハーボニー偽造品の流通で注意喚起

error in template: found but mtif was expected